学科紹介

Course

建築学科

2年制

中四国で最も伝統のある学科。現場で活躍する一級建築士から学ぶことで即戦力を身に付ける。

職業実践専門課程認定学科(文部科学大臣認定)・国土交通大臣一級建築士 認定校・岡山県知事二級建築士 認定校

Goal in Course 長い歴史と伝統をもつ実践的な匠の技を学ぶ。

めざす将来

  • 建築士・大工
  • 建築施工管理(現場監督)
  • インテリアコーディネーター
  • 構造設計者
  • 宅地建物取引士
  • 公務員(建築技術職)
  • 住宅営業
  • 店舗デザイナー

OUTLINE

学科の概要

RiSEN建築では一級建築士21名の講師が実践的な知識と技術を伝授します。建築士、建築施工管理技術検定、宅地建物取引士などの国家資格取得を目指した対策の他、福祉住環境コーディネーター、インテリアプランナー、CAD利用技術者、インテリアコーディネーターなど、建築の現場で必要な資格取得に向けたカリキュラムが充実しています。毎年高い就職率を誇り、長い歴史と伝統をもつ本校の卒業生は高い評価をいただいています。また、県内の設計競技会「ワンデーエクササイズ」では毎年入賞しています。

夜間部について

1975年に設立され、中四国では40年以上の実績を持つ建築夜間部。
授業は、月曜から土曜日の午後6時から午後9時10分まで。働きながらでも授業を受けやすい時間帯なので、年齢・職種なども様々な学生が本校で学んでいます。
また、2年間の学費で最長4年間の履修ができる長期履修制度があります。

LEARNING POINT

学びのポイント

Lrarning 01 第一線で活躍する
一級建築士講師21名!

RiSENでは建築業界で活躍中の一級建築士が実践的な知識と技術を伝授します。それぞれの科目の専門家が講師だから資格取得対策もバッチリです。

Lrarning 02 競技会は毎年入賞!
資格取得率もダントツ!

県内の建築を学ぶ学校が参加する設計競技会「ワンデーエクササイズ」では毎年入賞しています。(2016年は参加3チーム全て入賞し、優秀賞、奨励賞、日本建築学会中国支部奨励賞を受賞。)
卒業生・在校生への資格取得対策により毎年多くの建築士を輩出しています。(平成10年以降 二級建築士 371名、一級建築士 92名)

Lrarning 03 高い就職内定率!
多くの先輩達が活躍中!

長い歴史と伝統により本校卒業生の評価は高く、建築業界で活躍する先輩からぜひ後輩を採用したいと熱いラブコールも絶えません。女性の目線に立った住環境提案のできる卒業生が注目されており、RiSENの建築に通う学生のおよそ3割の女子学生も就職は好調です。

CURRICULUM

授業について

学びのステップ

1年次

建築に必要な基礎を製図や実験、ワークショップ、模型制作、実習等を通して学習します♪

2年次

2年次では測量やインテリアデザイン、構造設計なども含めた、実践編に入ります。同時に設計競技会への参加や二級建築士、建築施工管理技術検定、宅地建物取引士などの国家資格取得に向けた対策も行います。
最後に2年間の集大成として卒業設計を制作します。

長期履修制度について

この制度は入学時にあらかじめ申し出ることで最長4年まで修業年限を延長し、その期間内に卒業に必要な単位を取得することで卒業できる制度です。
社会人と学生の時間バランスを調整しながら通学することが出来る他、各学年で負担する学費も低く抑えることが可能となります。

授業ピックアップ

材料実験

建築材料の中で、代表的なもの(木材、セメント、コンクリート、鋼材)を取り上げ、その力学的性質、化学的性質などを、実験を通して体験します。また、それぞれの材料がもつ特性を交互に比較検討し、理解を深めます。

写真:材料実験の様子
基礎・構造

建築における構造とは何か、また建築関係の仕事になぜ構造の知識が必要なのかを建物の実例にならって、身近な材料を使い実験しながら学びます。

写真:木材の枠組みをハンマーではめ込み組み立てている様子
基礎製図

製図用具の使い方、文字、線の描き方を習得し、模範図を模写しながら基礎的な表現力と読解力を習得します。

写真:製図を行う学生
建築測量実習

各種工事の計画・設計、施工などに対し重要な指針を与えるものです。そのため、測量技術の概要を理解することを主題とします。

写真:測量を行う学生
デッサン

建築要素の中で必要なデッサンおよびデザインを実習を通して学びます。

写真:デッサンの様子
CAD実習

最先端の3次元CAD(BIM)を使って基本操作からより実践的な技術を学びます。また、ドローイングやプレゼンテーションなど卒業設計を補完しながら統合的に表現する技術も習得します。

写真:CAD実習を行う学生たち

実際に見て触れる!校外実習

写真:卒業制作展の様子。学生たちの模型作品が展示されている。

卒業制作展

「設計製図」の授業の一環として、3月に卒業・修了した学生たちの卒業設計や設計競技会などで受賞した作品を見学します。

写真:古民家再生論の様子。再生された古民家にて講師から話を聞く学生たち。

古民家再生論

「古民家再生論」は倉敷美観地区や真庭市の勝山町並み保存地区で開催され、楢村講師から、先生が手掛けた作品の紹介もふまえて再生の考え方を学びます。

写真:ワンデーエクササイズの様子。作品づくりをしている学生。

ワンデーエクササイズ

県内の大学、専門学校、高等学校が集う岡山建築設計クラブ主催の設計競技会への参加。連日遅くまで学校に残って作品作りを行います。

写真:研修旅行の様子。海外研修に訪れた学生たちの集合写真。

研修旅行

年一回の国内研修ほか2年に一度の海外研修を実施しています。有名な建築家の建物や多くの歴史的な建造物に直接触れることを目的に研修旅行を行っています。

写真:海外研修旅行にてサグラダ・ファミリアに訪れた学生たちの様子。

サグラダ・ファミリアに感激!

2年に一度の海外研修旅行。今年はスペインのバルセロナ研修となりました。ガウディ建築や大聖堂を間近で見学し、写真では感じ取れない歴史の重みや雰囲気を感じ、学生たちの大きな財産になりました。

QUALIFICATION

めざす資格

一級建築士(国家資格)

住宅から、高度な技術を要する大規模な建築物など、全ての施設の設計、工事監理が可能な国家資格。
取得には、4年間の実務経験が必要です。

二級建築士(国家資格)

木造住宅や、小規模な鉄骨、鉄筋コンクリートなどの建築の設計、工事監理が可能な国家資格。
実務0年でも取得が可能です。

建築施工管理技士

建築物の施工管理の技術者としての国家資格。建築施工管理能力のひとつの目安となっており、主に大規模工事を扱う1級と、中小規模工事を扱う2級に分けられます。
受験資格は、2年から5年の実務経験が必要で本校では学科試験の対策講座を放課後、行っています。

一級・二級建築士 受験の流れ比較

RiSENで一級建築士を目指す場合、最短6年で取得することが可能です。

建築・土木学科以外の高等学校卒業の場合:7年の実務の後二級建築士受験、その後4年の実務で一級建築士受験可能 建築・土木学科の高等学校卒業の場合:3年の実務の後二級建築士受験、その後4年の実務で一級建築士受験可能 RiSENの建築学科の場合本校での2年の勉強の後二級建築士受験、卒業後4年の実務で一級建築士受験可能 大学の建築学科の場合:4年の勉強の後二級建築士受験。卒業後2年の実務で一級建築士受験可能 ※平成20年度の建築士法改正による建築士の受験資格要件(指定科目)の確認済み

取得可能な資格一覧

  • 二級建築士受験資格[国家資格]※実務0年
  • 一級建築士受験資格[国家資格]※4年間の実務経験必須
  • 建築施工管理技士(土木・管工事)[国家資格1・2級]
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 宅地建物取引士[国家資格]
  • インテリアコーディネーター

NEWS & SNS

建築学科からのお知らせ

Follow Me!!

Instagram

Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...